拡張型心筋症と闘う雑種犬ごんすけの日記

2011年10月10日に拡張型心筋症と診断されました。
TOPスポンサー広告 ≫ 僧帽弁閉鎖不全症TOP犬の病気 ≫ 僧帽弁閉鎖不全症

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

僧帽弁閉鎖不全症

ごんすけが拡張型心筋症と診断された際、併発している病気がいくつかあると主治医の先生から
説明がありました。 

そのひとつが、『心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)』。  
診断された日、帰宅してネットで色々調べ、調べれば調べるほど愕然としたのを覚えています。
この時代に完治しない病気が存在するなんて・・・

でも、色々悩んで暗い顔をしていても ただでさえ病気で辛いごんすけは喜ぶはずがない!
前向きに考えよう! と、思うようになりました。

心臓病で検索すると必ず目に留まる 『僧帽弁閉鎖不全症』 について書き留めておこうと思います。
 

【症状】
咳が出る(おもに散歩の途中や帰宅後、夜中など)、疲れやすい、運動をしたがらないなどの症状が
現れます。また、病気が進行すると肺水腫を引き起こし、呼吸困難となることもあります。
僧帽弁閉鎖不全症は、どのような犬種にも起こりえますが、特に小型犬に多く見られ、加齢に伴って
発症しやすい傾向にあり、早い場合には5~6歳で症状が現れることもあります。


【原因】
僧帽弁(心臓のなかにあって、血液の逆流を防ぐ働きをする弁)の「粘液腫様変性」と呼ばれる変化が
おもな原因と考えられています(僧帽弁閉鎖不全症は、こうした変性によって僧帽弁が肥厚し、弁が
しっかり閉じなくなることで生じます)。しかし、この変性の原因は不明です。犬種特異性もあることから、
遺伝的な要因も考えられています。


【治療】
僧帽弁閉鎖不全症を完治させる方法は、現在のところありません。したがって、治療は症状の緩和と
病態の進行を抑えることを目的とし、内科的な治療が主体となります。
内科的治療としては食事療法や体重管理、運動制限、血管拡張剤などの投薬が行われます。
肺水腫などの症状がみられる場合には、その治療もおこないます。


【予防】
僧帽弁閉鎖不全症の予防は、早期発見・早期治療が大切です。特にこの病気が多く見られるとされている
犬種を飼っている場合は、動物病院で定期検診を受けること重要。


バリケンの中で横になっている時以外、元気そうに見えるごんすけ
20111222001.jpg

どうか、どの病気も大暴れしませんように・・・
 


ランキングに参加しています  
お鼻をポチッとお願いします 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。